LINEモバイル
LINEモバイルのお得申込みはこちら

他のサービスにはないLINEモバイルならではのサービス

お子様の最初のスマートフォンに!有害なサイトへアクセスできないようフィルタリングアプリを無償で利用可能、データ通信料もLINEアプリから簡単に確認できる。

カウントフリーならデータ容量を使いきってもずっと高速通信で利用できる!(対象サービスに限ります)

いつでもどこでも繋がる安心!docomo回線と同じエリアに対応、日本全国で繋がるので安心です。

聞きたい時に聞ける安心のサポート!直接オペレーターの電話サポート・メールサポートが充実。

月たったの500円で利用できる秘密

LINEモバイル 500円

「LINEモバイル」は月額500円から利用が可能だというのがセールスポイントになっている低額スマホです。

月額たったの500円でスマホが使えるのと言うのだからこんなにありがたい話はないでしょう。

とは言うものの、どうしてこんなに安くスマホが利用できるのでしょうか?

その理由はLINEに特化したスマホだというところにあります。

LINEの持ち味はデータ通信に利用料金がかからないことです。

「LINEモバイル」にはプランが2つあるのですが、その2つのうち、月額500円でのプランは「LINEフリープラン」があたります。

このプランは月たったの500円で利用ができるかわりに、扱えるデータ通信量が最大1GBまでで、なおかつSMSと音声通話の機能がありません。

つまり月の利用料金が500円ですむのは最大通信量が控えめだということ、そしてこの2つの機能を取り除いたからというわけです。

ですが、心配しなくてもLINEには無料で使える電話やビデオ通話があるので、この2つの機能がなくてもそれほど不自由なく使えます。

通話量無料?!LINEモバイルのお得な使用方法をご紹介!

LINEモバイル お得な使用方法

LINEモバイルの格安スマホはLINEカウントフリーというサービスがあり、LINEのデータ通信量が無料となっています。

LINEモバイルならではのお得な使用方法をご紹介します。

LINEは文字だけでなく通話も可能ですので、LINEのアプリをダウンロードしているスマホ同士だと電話をかける際は通常の電話でなくアプリ通話を使えば料金がかかりません。

通話中に同じスマホで別の操作ができますので、通話しながらネットやゲームをしたり、スピーカーボタンを押しスマホから離れて通話するといったことも可能です。

またLINEにはビデオ通話もあり、カウントフリーによりそちらも無料で使用することができます。

格安SIMでは電話料金がプランに含まれていないことが多く長電話する方には不向きですが、LINEのアプリ通話であれば長電話も可能です。

LINEモバイル
LINEモバイルのお得申込みはこちら

トークが使い放題ってどういうこと?

LINEモバイルのトークが使い放題なことが話題になっていますが、LINEそのものがネット回線を活用した無料通話アプリとして広く浸透しているため、普段からLINEになじみのある方にとってはそれほど驚くようなことではありません。

つまり他の格安SIMを利用していても、LINEアプリを使用したトークが使い放題であることに変わりはないです。

中には「LINEモバイルはそんなにお得なのか?」と勘違いされてしまう方もいることでしょうが、それほどびっくりするようなおいしい話ではないということです。

ただ人気かつ知名度の高いLINEが格安SIMのサービス提供に乗り出したことは、業界にとっても無視できない影響力となっています。

最終的には安さと容量速度制限の違いの勝負になってきますので、LINEモバイルからも目が離せません。

限定サービス!カウントフリーを上手く使って節約しよう!?

LINEモバイル 限定サービス

LINEモバイルならではの限定サービスとして、特定のアプリによる通信をデータ容量としてカウントしないカウントフリーサービスが特徴的です。

おすすめサービスとして注目されているのは、選べるカウントフリープランとしてLINEフリープランだけではなく、コミュニケーションフリーやMUSICフリープランが提供されている点にあります。

契約通信容量のうち、データ消費ゼロとする範囲をLINEアプリのみに限定すれば料金を更に安く、他のSNSアプリや音楽配信サービスにまで拡大すると、段階的に料金設定を変えて提供していることで自由に利用者が選べるわけです。

意外と気が付いていない人が多いのは、LINEの年齢認証がLINEモバイルを使っていれば出来てしまう点です。

キャリア決済が利用出来ない格安SIMではLINEの年齢認証を行う際にクレジットカードが必要でしたが、LINEモバイルならば年齢認証にクレジットカードを使う必要がありません。

ページの先頭へ